世界が変わる学校をつくる。月700円の応援で神戸に「学校の校舎」と「学費無料+ランチ付き」を実現します!



● 東経135度、神戸北野に「世界が変わる学校」をつくりたい

「世界が変わる学校」は、世界を変えられる人材を育成できる学校です。つまり、世界が変わる学校の生徒は、「世界を変えられる人物になる」ということです。世界を変えられる人材になるのに必修すべき科目はわずか3つだけです。世界を変える学びは自分と宇宙と世界を解く全方位科学ですが、世界が変わる学校では、それをたったの3科目で習得できるようになりました。

科目❶ GENRi:自分で自分を成功させたり、幸せにできるようになる(精神的自立)
科目❷ DEMI:本当にやりたいことをはじめ、その視座を獲得する(社会的自立)
科目❸ UOT:みんなに応援してもらい、一人でできない目的に挑戦する(経済的自立)

科目❶ GENRi(全9単元)
・GENRi|Amazing Networkをつくる
・GENRi|4つの基礎能力を有効化しよう
・GENRi|2つの秀才能力を有効化しよう
・GENRi|視座を引き上げる方法
・GENRi|悪因表と善因表
・GENRi|現実化のメカニズムを解こう
・GENRi|成長のメカニズムを解こう
・GENRi|幸せのメカニズムを解こう
・GENRi|真因特定法と未来創造法

科目❷ DEMI(全12単元)
・DEMI|I3 人生でもっとも大切なこと
・DEMI|D1 もっとも手強い問題を解く
・DEMI|D2 プロトタイピング
・DEMI|D3 完全なる商品へ
・DEMI|E1 ビジネスモデルを組む
・DEMI|E2 コックピットをつくる
・DEMI|E3 仲間を加える
・DEMI|M1 組織化する(選択制)
・DEMI|M2 第二創業を成す(選択制)
・DEMI|M3 離脱か、続投か?(選択制)
・DEMI|I1 得た宝を世界にギフトする(選択制)
・DEMI|I2 異世界とつながる(選択制)

科目❸ UOT
・UOT|どうすれば世界を変えられるのか?(卒業論文)
・UOT|世界が変わるプレゼンテーション(卒業制作)
・UOT|UOTカンファレンス2019(イベント)

世界が変わる学校は、これらすべての科目・単元を学費無料、ランチ付きで学べる場所です。さらに、各科目を修得していくと、無償で教育ライセンス(教える資格)を得ることができ、学校の外に出て自分で教室を開いたりして教えられるようにもなります。ちなみに、この世界が変わる学校のカリキュラムは、単元をたった1つでも修得する人が生まれるたびに、世界に平和の面積が増えるように設計されています。

今は、これを神戸のわたしの自宅の一室で行なっていますが、今年の夢は、写真の物件でこれを行えるようにしたいのです。つまり、ここに「世界が変わる学校」をつくりたいのです。ここは異人館などが立ち並ぶ神戸の国際的観光エリアの最頂部に位置し、背景には自然あふれる国有林が広がり、50メートルくらいですぐに入山することができる素晴らしい場所です。また、野外のエントランスは、同時に100人が集まっても十分な広さがあり、そこで国際交流を兼ねた小規模なカンファレンスや学校祭をやりたいと考えています。

ただ、この物件を半分借りるのに月50万円の家賃がかかります。一棟借りると月100万円です。最終的には一棟丸ごと学校にするのが夢ですが、まずは、半分を借りることからスタートします。半分で学校をスタートすると、ランチ代も含めた学校の運営維持経費(概算)は、およそ150万円です。なぜ、この程度の費用でできるのかというと、理由は3つあります。まず1つめは、世界が変わる学校は、指導やサービスにおいて人を雇わないからです。全部、自分たちで主体的に行うのです。2つめは、学究に欲しい機材やリソースは、その都度調達するからです。そして3つめは、わたしが家族との生活実費以上の報酬(蓄財)を求めていないからです。事実、平成30年度まで過去4年のわたしの役員報酬は210万円以下に設定しており、あとの売上げや収入はすべて拠出してきました。だから、150万円の応援さえ集まれば、写真の校舎のまず半分と学費無料・ランチつきは実現できるのです。

この学校の実現を、応援していただけませんか?

応援の仕方は簡単です。700円を1食のランチ代に換算して、毎月1〜300食分を応援(寄付)することができます。もし、2,143人がランチ1食分(月700円)ずつ拠出してくれるようになるなら、すぐに、世界を変えるために真剣に学ぶ人たちに素晴らしい校舎とおいしい食事を贈ることができます。

世界が変わる研究所
所長 吉田傑




 
世界が変わる研究所
非公開グループ · メンバー770人

グループに参加(すべて無料です)

世界が変わる研究所グループです。「世界の変え方≒世界の変わり方」の研究に興味があれば、どなたでも学ぶことができます。